4389 d
 



坊さん今読書してます


その中でこんな言葉が出てきました。






「でも幸せになるというのは、
 それはそれでむつかしいものです」


「もちろんそうだ。  
 親もそれを子どもに
 与えることはできん。

 子どもは自分で
 自分自身のための
 幸せを見つけなければならん。

 しかし娘が幸せを探すためなら、
 俺はどんな手助けだって惜しまないね」


以上 

森見登美彦さん 
『夜は短し歩けよ乙女』 より抜粋




 666989cc51d45