4389 d




ぼうさん 
いつも心が
ほっこり温まる
お話しをありがとうございます 


私はよく 

「笑顔が素敵」

と褒められます 


職場でも 
身だしなみ・接遇投票が 
あり 
看護部長から
「笑顔がGOOD」
とのコメント投票をいただきました 


実にありがたいのですが 
私は色々あり離婚したり 
子供に障害があったり 
私自身は
長年うつ傾向の自律神経失調症 

抗うつ剤飲んで、
眠剤飲んで 


日々、
突然身体に出てくる様々な
不調や不定愁訴と密かに戦いながら、
なんとか仕事だけは済ませて
生きてる状態です。
苦しくて泣きたいです 


本音を言えばホントは
笑いたくなんかありません 


心で考えていることは
かなりブラック 


偽りの笑顔です 

長年フラダンスを
続けてきたので
笑顔で口角の上げ方が
上手いだけのような気がします 


本音で疲れたような愛想もない顔で
生きた方が楽なのでしょうか? 


それとも 
心に背いて 
このまま偽りの笑顔を
振りまいていれば良いのでしょうか? 



自分らしく
今を生きるためにはどちらが 

正解なんでしょうか















l




裏もあり


表もあるのが


人間です。



その割合が

ダークな部分が9割でも1割でも




表裏が一体となって
今の自分を形成していると
坊さんは考えます。


ダークな部分があって
弱い部分があって

それでいいじゃない。


笑いたくなければ
 無理して笑う必要はありません。

泣きたかったら泣いたらいい。

人前で泣くのが嫌なら
 ひっそりと泣いたら良いと思います。




ただ

心は笑っていなくても
周りが評価してくれるほどの笑顔なら
もはやそれは





llllla29c7514



使わぬ手はないと思います。






偽った心で笑うことが


悪 ダメな事

と思わなくていいんです。


例え

おなかの中で笑ってなくても

持っている技術は十分に発揮して
人生を生きたらいいのです。


笑顔は人を寄せ付けますし
幸せにします。


その笑顔を武器にできるなんて

アンパンマンが
顔ちぎって分け与える
レベル

すごいことだと思います。


そして

心の毒は


本音をいっぱい出せる場所を作るのも
大切です。


カウンセラー(無料のものも沢山あります)
でも
ネットでも

人を誹謗中傷するのではなく
自分を吐き出せる場所というのは

自分を安定させます。


坊さんの場合は

仏さんや神様の前

師匠の前では


毒づいたり
 不平不満をぶちまけます。