4389 d




質問です。

私は3歳差の男兄弟の母親なのですが、

上の子と下の子の成長差がすごいんです。


同じ母親から出てきて同じ顔してるのに、
個性というかその子
その子で違うんだなぁとすごく不思議?

に思っています。


2人目の育児なので
心に少し余裕はあるはずなのですが、
時に違いすぎて戸惑います。


おっさん家は5人いらっしゃいますが、

やはり
一人一人全然違いましたか?


5人のお子様は皆どういったタイプで
どういった対応をされてきたのでしょうか?

よければ教えてください。






k54e60cdc-s



うちも全員全然違います。




五人の子ども 


それぞれに個性があり
それぞれが違う生き物

なので


お兄ちゃんの時は
    どうだった。



お姉ちゃんの時は
    こうだった。


などの
比較をあまりしません。



1人目で余裕が出来たとは言え

2人の育児は 初


2人の子育てに慣れたとはいえ


3人の育児は  初

3人を育てていても

4人の育児は  初





5人目ももちろん

 

  初




親というのは


何人子供が居ようが


初体験ばかりの

生き物なんだと坊さんは

思っています。



jb44e4902-s




その中で成長していくのが



親なのだと思います。






題名の

日々是好日






にちにちこれこうにち
(にちにちこれこうじつ)


と読む 禅語です。




これは



昨日は最悪な日だった

けど


今日は好い日だった。





というような時に


使用する


好日ではなく、





晴れの日も
雨の日も
嵐の日も
雪の日も


愛犬が亡くなった日も
肉親が亡くなった日も


よし 雨か! 
今日が雨でもしっかりやろう!


よし 雪か
雪かき一生懸命やろう!


愛犬が亡くなったか
よし
悲しいけど 辛いけど
残された人間は
しっかりと生きていかないと!


という ときに使う

好 (好し)

なのです。






どんな一日でも
その時間を大切に
『好し』の気持ちを持って

精一杯生ききれば

その日は

まさに 


日々是好日


になる。





こんな
意味の言葉でした。