4389 d





ご相談したいことがあり
初めてメール致しました。


当方41才女性、

独身で既に両親が他界
(父は35年前、母は20年前)しており、

墓もなく、

遺骨は自宅仏壇にて

手元供養しております。


もともと母が、
父の葬儀その他の法要等をお願いして
おりましたお寺さん(浄土真宗)に
父の遺骨を、
母の他界後には私がお願いして

母の遺骨を預かって
頂いておりましたが、


この度

住職が代変わりされること、

永代供養として遺骨をお預けした際に
僅かですがお布施は致しておりましたが、
いつまでも
預かって頂いているのは申し訳ない、

あと遠方のため
法要イベント
(年に一度菓子折と僅かなお布施金は
持参致しておりました)、


その他会費や寄付(お布施)の
お願いに応えられないことに

対しての


ストレスと申し訳ない気持ちになり、

二人の遺骨を手元に
引き取って約1年になります。


しかし最近体調を崩し、

これで
もし私が死んだら

残された親戚(年上の従姉妹のその子供)に

私は焼いてくれたら
そのまま火葬場にて
処分でよいけれど、

自宅の遺骨の扱いに
正直困るだろうなとふと思いました。


墓を建てる気持ちはなく、
(経済的にも、
その後墓守してくれる者も
いませんので)


供養についていろいろ調べて、

周りにも相談しているのですが、

墓を建てろ、
遺骨をいつまでも置いておくのは
良くないと言われます。


ネットでいろいろ調べると


「一人○万円で永代供養」



「海へ散骨」とかありますが、


私の想いとしては
両親がいちばん楽しかった
地に近いお寺さんに
永代供養をお願いして(合同供養の形)、

又、

今の仏壇、
位牌を処分して、

もう少しカジュアルなもの
(今よりも狭いアパートに
引っ越し予定の為)に
変更しようと考えておりますが、


それも

私が生きている間に
そういったことをするのは良くない、
バチがあたる?

等言われ、


どうしたものかと考えております。



仏壇、位牌の処分及び新調については、

お坊さんに閉眼供養、
開眼供養をお願いしたらよいとも
ありましたが
(ネット情報)

何が正解か分かりません。


ただこのままでは
何か自分の中でもやもやして
前にすすめません。


生前、母は
「あなたに迷惑かけられないし、
私が死んだら海へ骨撒いて」

と言っておりましたか

良く考えたら母は水が恐い人なので、
たぶんあんまり考えなく
ポロっと話したような気がして、
海への散骨は気がのりません。


両親に私の夢の中にでてきてもらい、
どうしてほしいか
話してほしいとすら思ってしまいます。


とりとめのない質問ですみません。

でっかいおっさんさんに
全てお任せしたいくらいです。

(ご迷惑とは思いますが、、)
何か
アドバイスを頂けましたら幸いです。















浄土真宗の考え方では

仏壇や本尊に魂を込める
という考え方がありません。

そのため

開眼法要
入魂式

とは言わず


入仏慶讃法要
(にゅうぶつけいさんほうよう)

入仏法要

入仏式



と言い


本尊に来ていただいた
お祝いの法要



として執り行っています。




また仏壇を処分する際は



遷座法要
(せんざほうよう)
遷仏法要
(せんぶつほうよう)

という法要になり



仏さんを動かさせて
貰います

という法要をします。







その後

仏壇は 

仏壇屋さんに
引き取ってもらうか


粗大ごみで出す


という手順です。





仏壇に関しては
新調したり
処分することで
バチは
当たりません。





御遺骨につきましては


相談者さんのお考えの
共同供養でいいと思います。

その際 
また年間にかかる費用などで
ストレスにならないよう
住職に確認を
とっておかれるのが
いいと思います。