4389 d




現在、
生後4カ月の長女の入院に
付き添っています。



5日前、主人が長女をあやしている際、
急に長女の顔が青ざめ、意識が朦朧とし、
けいれんを起こして救急車で運ばれ、
病院につくなり嘔吐し、
入院となりました。



原因は硬膜下血腫といって、

頭蓋骨と脳の間に出血があると説明されました。

沢山の検査を受ける中で、
右目の眼底出血もらみつかり、
将来的に視力が上がらない可能性が高いと
小児眼科の先生から説明を受けました。

主治医ははっきりとは言いませんが、

主人が高い高いなどかなり激しく
あやしたことが原因のようです。

泣きやまない長女を泣き止まそうと
ふわっと身体を浮かせるほど
激しく高い高いをしたと
主人も後悔していました。



普段なら、

泣き止まないときにはすぐ駆けつけて
私が抱いて泣き止ませるのですが、

少しは主人に任せて
育児に慣れてもらいたいと、

その日は泣き続ける
長女を主人に任せて
家事をしていました。



今の気持ちとしては、
主人には口に出しては言えませんが、

なんてことをしてくれたのかと
恨む気持ちと、

なんであの時

あやしにいかなかったのか、


と自分を責める気持ちです。


長女は今のところ、
状態も回復して寝返りの練習をしたり、
すやすや眠っていたり、
と元気に過ごしているのですが、
このまま回復してくれるのでは、
と期待したときに
眼科医からの診断で、


また後悔の気持ちで
押しつぶされそうになっています。



起きたことを悔やみ続けるのではなく、
今できることを
ひとつひとつやっていかなければと
分かってはいるのですが、

気持ちの行き場がなく
吐き出させてもらいました。



何か気持ちが前向きになれる
アドバイスが貰えれば幸いです。






910b4022-sh






これに尽きます。






誰を責めても

自分を責めても


起きてしまった事は

起きてしまった事


ご主人も反省しているでしょう


あなたも後悔しているでしょう



もしかしたら
視力も回復するかもしれないし

未来には
何か薬が出来ているかもしれない



将来の事は

将来にならないと

わかりません。



今は

とにかく

何か自責やご主人を
恨みそうになったら

o0480064014067952308k