でっかいぼうさんの辻説法

ど~も~でっかいぼうさんです。このブログは4児の父であるでっかいぼうさんが妻と子に育てられている日々のことやお坊さんや保育士・猟師・占星術師の能力をフルに発揮し読者さんや悩めるお父さん・お母さんの相談にのり、おっさんなりにゆる~く解決していこうとする、ゆるゆるブログです。どうぞ、ごゆっくりなさっていってください。

タグ:でもなれて

はじめまして。いつも為になる考え方、勉強させてもらっております。今年3歳になる娘について、悩んでいることがあります。習い事をさせないのは親のエゴなのでしょうか?現在都内で子育てをしておりますが、自分の頃と時代が違うのか、田舎で育ったため環境が違うのか、子供 ... 続きを読む
dd442b3a95-s


はじめまして。
いつも為になる考え方、
勉強させてもらっております。


今年3歳になる娘について、
悩んでいることがあります。

習い事をさせないのは
親のエゴなのでしょうか?



現在都内で子育てをしておりますが、
自分の頃と時代が違うのか、
田舎で育ったため環境が違うのか、
子供の習い事事情にとても
驚いております。


特に、
スイミングや体操教室、
音楽教室など、

0歳から始めるお友達も多く、
教室も
常に満員の状態のようです。


私自身も小学生からですが、
スイミングやピアノを習っていたため、
習い事自体は反対でなく、


いつかはやらせてあげたいと
思っているのですが、

ほとんどの友人が、
既に何かしらの習い事をさせており、

「小さいうちに体幹は
 鍛えておいたほうがよい」

「小さいうちから
 音感は育てておいたほうがよい」

などよく耳にし、


娘にも
何か早めに習い事を
させたほうが
良いのかなと考え始めました。


私たち夫婦は共働きということもあり、
娘が習い事をするとなると、
仕事が休みの日に

通わせるしかないのですが…



正直、

習い事の時間のために
家族の時間が減ることが
少し寂しいのです。


娘も私たちの
休日をとても楽しみにしており、

今日はママとパパの日だね!



とても楽しそうに休日を
過ごしています。

私たちもその姿に癒され、
休日のために仕事も頑張れます。


習い事なんて1時間ちょっとだし、
大丈夫か!

と思っていたのですが、


レッスン時間が
お昼前後集中しているため、
習い事を始めると、

動物園など
一日かかる

お出かけが難しくなります。


周りを見ていると、
休みの日でも子供のためを
思って習い事など
忙しくしている姿を見ると、


私たちはわがままなのだろうか?
自分たちのエゴから、

子供の可能性などを
つぶしていないだろうか?

と考えてしまいます。



それと同時に、
家族の時間も大切にしたいと
いう気持ちも強いです。


三つ子の魂百までともいいますし、
きちんと
優先順位を明確にしたいのですが、

堂々巡りで決断できないでおります。


アドバイスいただけますと幸いです。

お忙しいところ恐縮ですが、
よろしくお願いいたします。





1242eb548fd




坊さんは

個人的に


早期教育をしてもOK

大切だとも思いますが・・・・


その大前提には



っで4fecf6252


だと思っています。





早期教育をして



天才に育ったとしても・・・

東大に行ったとしても


音大に行ったとしても

プロ野球選手になれたとしても・・・



それで
本人の人生が幸せかどうか

なんて

わかりません。




運動させてたほうが・・・
東大に行ったほうが・・・
音大に行ったほうが・・・

将来の可能性が広がる





それはそうかもしれない

でも

頭が賢くても

人と
コミュニケーションが取れない人も
沢山います。




プロ野球選手でも
活躍できるのはひと握りで
引退していきます

消えて行く人も多くいるし
引退後むちゃくちゃになる人も
沢山います。


音大にいっても音楽の職につかず
サラリーマンする人も
沢山います。


そんなことよりも

家族っていいなぁ

親とこんな楽しい思い出が
沢山あったなぁ


自分も親になったらこんなこと
してあげたいなぁ

こんな家族を築きたいなぁ



思ってくれるような家庭・家族で
子どもを育てる方が


坊さんは大切だと思います。





f2eb548fd



子供なんて小学生になったら


どんどん

親と関わらなくなってきます・・・

(保護者さんたちの経験談)







娘さんは3歳なら

今は疲れてて
関わりたくなくても


グイグイ

『お父さん お母さん』

と絡んでくる

可愛い盛り


です。


その時間を


あえてなくすのは


もったいない・・・



そんな気がします。


《おっさんブログ↓》
blog_header6